Information
訪問者数
カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

飛騨えび

Author:飛騨えび
日本の真ん中でえび飼ってます。
メールはこちらまで♪
hidaebi@live.jp

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SHOP LINK
BlogLink
管理メニュー
■OTHER■

ジオターゲティング
free counters
Free counters
Twitter hidaebi
Twitter Four_Pet_Sonnds
自動WEBサイト翻訳
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
■飛騨えび 動画■
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QR
■■飛騨えび■■

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.15    カテゴリ:  洋楽 

   今週の1枚 vol.2

さて、今週の1枚の時間がやってきました。

今週は先週のBOZ SCAGGS繋がりで…
bobby caldwell
BOBBY CALDWELL(一応、サイン付きです。)
アメリカのミュージシャン。1970年代から1980年代にかけて流行したAORサウンドを代表するシンガーの一人。

1978年のデビュー曲「風のシルエット(What You Won't Do for Love)」がヒットし、当時流行していたAORの新星として脚光を浴びる。洗練された音の世界を持ちつつも、多くの初期AORシンガーのようにボーカルスタイルはR&B色が濃く、ブルー・アイド・ソウルの歌手として分類されることもある。また作曲家としてボズ・スキャッグスに「ハート・オブ・マイン(Heart of Mine)」、ピーター・セテラに「ネクスト・タイム(Next Time)」、「ステイ・ウィズ・ミー(Stay with me)」などのヒット曲を提供(いずれも後にセルフカバー)している。

日本では非常に人気が高く、AOR界ではボズ・スキャッグスと並び立つ存在。1990年代にオンエアされたニューヨークの夜景をバックに「Stay with me」「Heart of Mine」「Come to me」が流れるパーラメントのCMは、彼のイメージを象徴する一作でもある。

Wikipediaより抜粋

蛇足ながら、日本人ではWINKがデビュー曲で「Special To Me」を日本語でカバーして歌ってます。

では、お時間のある方は是非、ご覧下さい。
ウチの最もお気に入りの曲…
What You Won't Do For Love


飛騨えびさん、どうもです!
やっぱり大阪はご一緒出来そうもありません。
悲しいですが早めに報告しておきます。

BOBBY CALDWELLも懐かしいです~。
Heart of Mineは耳に残っています。

レンタルビデオ&CDの店でのバイト時代を思い出します。(笑
当時を思い出しDAVID SANBORNのTHE DREAMを聞きたくなりました。
サックス奏者が結構好きなのです。
Kenny Gも大大大好きです!!
こんばんはーv-237
そうすかー…残念ですけど仕方ないっすね。v-390
男爵に変身したウチを見てもらおうと思ってたんですがっv-354v-389

Kenny Gすかー
あまり聞いた事ないので…(汗
今度、記事にしてよv-363
サックスならナベサダが好きですね。
あとは…アートペッパーかな~v-344






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ■■飛騨えび■■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。